ハクビシン全身

どういう動物か

ハクビシンは体長50センチから75センチ程度の動物で、ネコ目ジャコウネコ科です。
漢字で書くと「白鼻芯」と書き、漢字の通り額から鼻にかけて白い線のような模様があるのが特徴となっております。
ハクビシンは全国各地で存在が確認されており、元々は里山に生息する動物でしたが、近年では都心の住宅街などでも姿が確認されるようになっております。
ハクビシンは元々日本に生息していた在来種ではありませんが、日本に生息するようになった時期はハッキリとは分かっておりません。

*どういう害があるのか
ハクビシンは木登りが得意であり、4センチ程度の穴があればそこから内部に侵入することができます。そのために、住宅の天井裏や床下などを住まいとして生活をします。
その時に、断熱材を食い破って寝床にします。
また、住まいでは糞尿を行うために糞尿被害が発生したり、ノミやダニを連れてきたりします。さらに、多くの雑菌を持っている他、ペットなどへの被害も考えられます。
そのために、ハクビシンを見かけたら害獣駆除業者に相談すべきです。

*勝手に駆除は出来ない
ハクビシン駆除は勝手に行う事は出来ません。農作物や住まいに被害が出て、有害鳥獣として鳥獣保護法に基づく自治体の許可をもらう必要があります。
また、罠を仕掛けて捕獲する場合でも免許が必要となります。そのために、自分で駆除しようとせずに専門業者に頼むべきです。
業者に頼めばきちんとした手続きを行った上で、ハクビシン駆除を行ってくれます。
また、業者は単に追い出すだけではなく、侵入口を塞ぐなどの防止策も同時に行ってくれます。

イタチ親子

害獣駆除の被害

アライグマ・イタチ・ハクビシン駆除など、害獣による被害を被っている方々のための業者がいます。
そもそもアライグマ・イタチ・ハクビシン駆除を行わなければならない理由としては、農作物を荒らしたり、屋根裏などに住み着いて騒音や排泄物による異臭被害を引き起こすことが挙げられます。
(イタチの場合には、寄生したダニやノミが繁殖するという二次被害も考えられます。)
中でも特に近年では、外来種であるハクビシンによる被害が増加しています。

*ハクビシン駆除
ですから、ハクビシン駆除の需要は高まっています。しかし、これらの害獣駆除には一つの障害があります。それは、動物たちを保護する法律です。
これがあるので、殺処分などは出来ないことになっているのです。そのため、徹底的に追い出して、二度と侵入出来ないように、経路を断つという方法で対処をし、お客様が快適に暮らせるようにしています。
(駆除だけでなく、いなくなった後の排泄物の清掃作業や消毒も行っているので安心です。)